• 思考力と社会性を育てる専門塾

こんにちは。塾長のたかはしです!

昨日の授業で8月度の授業が終了しました!

メインテーマは【話し合い】ということで、応用コースは「ブレスト祭」でした(笑)

イラストカードを使ったブレスト授業

話し合いの授業ということで、ブレスト授業を始めるまでなかなか乗り気じゃなかった塾生も、いざ始まるとドンドンいろいろなアイデアを出してくれて楽しんでくれました!

楽しみながら色んな考えを組み合わせて「新しいアイデア」を発想する!

ブレスト授業で求めていた目標は達成されました💡

学校などで話し合いがある時に、ブレスト授業をした経験を活かして、積極的にアイデアを出してもらえたらと思います♪

 

さて、本日のブログは【マスターするには「○○時間」必要】についてです。

実は、今月実施した《親子でひらめきコンサート》で参加者の皆様に質問させて頂いたところ、誰も聞いたことがなかったということでしたので、今回少しだけお話させて頂こうと思います。

 

これは、ある研究に基づいて導き出されたものになります。

自己啓発本やビジネスセミナーなどでは結構出てくる目安時間になります!

どんな人でも「○○時間」取り組めば、1つのことをマスターできる(一流になれる)と言われています。

 

その時間は…

 

1万時間!!です。

 

例えば、1日3時間を毎日取り組めば約10年です。

 

では、企業が採用担当者が最も重視している「コミュニケーション力」に自信を持つためにはどうしたらいいでしょうか?

例えば、大学4年生(22歳)で企業の採用試験を受けようと思っているならば、だいたい小学6年生(12歳前後)から、毎日トータル3時間コミュニケーション力(話の聴き方や話し方)について意識して取り組んでいると、企業の採用試験で自信を持ってコミュニケーション力を発揮できると思います!

※就職以降も、ビジネスでも活かせるコミュニケーション力は必須のスキルになります。

 

私は、大学1年生の時にビジネススキルについて恩師(非常勤講師)から学び、就職後も意識して取り組み、25歳位からやっと自信を持ってプレゼンなどができるようになりました!

そのおかげで、年間100件近い作戦や訓練計画の作成を任される立場にまでならせて頂けました!

しかし、もっと早くから必要なスキル(実力)について、しっかり理解して取り組んでいれば、就職1年目から積極的にチャレンジできたと思いますし、もっといろんなチャンスに巡り会えたと思います。

 

どんなことでもまず意識を変えなければ、自分を変えることはできません!

まずは、カンタンなことでもいいので、何か新しいことにチャレンジしてもらえればと思います。

そして意識してから約10年後には、その分野について自信を持って取り組めるようになっていると思います!

 

如何だったでしょうか?

あくまでも1つの目安になりますが、何かをマスターしたいな!と思ったときは「1万時間」を目標に取り組んでみるのもいいかもしれませんね♪

⇒ひらめき実践塾とは

⇒コース・料金

⇒塾長について

⋘次                前⋙