• 思考力と社会性を育てる専門塾

先週、あるニュース番組の特集に東京オリンピックで銀メダルを獲得したレスリング男子の《文田健一郎》選手が出演されていました。

その中で文田選手は、自分の人生に大きな影響を与えた《父からの教え》について語られていました。

その教えとは…

 【ゴールから逆算する考え方】です。

実は、文田選手のお父さんもレスリングの経験者で、高校時代に全日本選手権2位にもなったことがある実力だったそうです。

そんなお父さんからレスリングを学んできた文田選手ですが、お父さんの教え方には1つのポリシーがあったそうです!

そのポリシーとは「細かい技術を教える前に、完成形をまず見せる」こと!

 

完成形をまず見せることでどんなメリットがあるのか。

それは、ゴール(目標)を明確にし、そこから逆算して取り組むべきことを考えることで、効率的にゴール(目標)にたどり着けるというメリットです!

 

それ以外にも、選手自身も指導者が教えたいゴールを理解することで、指導者が計画する練習の意図に気付き、積極的に取り組めるというメリットもあります。

文田選手は、この教えを人生にも活かし、レスリング以外のことも【ゴールから逆算】して考え、物事に取り組まれているとのことでした。

 

以前にも、何年か前にある番組で「本物を見せる」子育てについてお話されている起業家の方がいらっしゃいました。

その方のお家は、裕福な家庭ではなかったようですが、その方のお父さんはお子さんに本物を見せるために、動物園や虫取り、釣りなど以外にも、町などで一流の方(分野問わず)を見つけたら、すぐに交渉し、自宅に呼んで、お子さんに本物体験をさせていたそうです!

 

それを見てから私も、図鑑好きな息子が「本物」に触れ合える機会を作るように努力しています。

最近息子は、貨物列車が大好きで、毎週のように長都駅に貨物列車が通過するのを観に行っています(笑)

貨物列車をひたすら待つ息子(2歳)

如何だったでしょうか?

今回は、逆算思考についてお話しましたが、夢(目標)の達成や受験対策など、お子さまが何かに取り組むときにも大切になってくる考え方です。

ぜひ小学生頃から、この「逆算思考」を少しずつ磨いてもらえたらなと思います。

⇒ひらめき実践塾とは

⇒コース・料金

⇒塾長について

⋘次             前⋙